愛しい気持ち の三
        平成恋川柳

・逢いに行く紅塗る小指から時雨れ

・ほろほろと酔う おぼろ月夜が似合いすぎ

・一行のメールに射抜かれたり をんな

・のらりくらりとカタツムリの逢瀬

・本音ズバリと 遠雷の鳴りやまず

・なんだなんだ と もう恋に堕ちている

・待っていることをおのれも気がつかず

・もっともっともっと あぁ その肌が邪魔

・我を忘れていればいい 思い出すその恥ずかしさ

・他人のふりをする 時々本気(マジ)で もどかしい

・見ないでよ見ないでってば どうしてそっぽ向くのよ

・あまりにも晴れて時々うそを吐く

怒っちゃイヤぁよ と人差し指で そっと なぞり






    《グミ》

 東北地方以南に分布し、常緑性と落葉性の種類があります。
高さは3〜4mですが、鉢植えにすると1m以内でも、果実を鑑賞&収穫できるそうです。
花期が秋で果期が春〜夏のものと、花期が春で果期が夏〜晩秋のものとがあります。
花期が春のものを「アキグミ節」といい、これは落葉性です。秋に咲くものを「ナワシログミ節」といい、こっちは常緑性です。
落葉性の方が寒さに強く、ご当地ではほとんどアキグミ節だと思われます。
酸味のあるさわやかな甘さは、ファンが多いです。


グミ
おいでませへ
平成恋川柳
平成恋川柳の2