ベイブレード、って、知ってますか?
早い話、ベーゴマみたいなのを、糸を巻かずに、ネジで発進させる、おもちゃです。先日、ローソンへ買い物に立ち寄ったら、その「ベイブレード」がおまけについたチョコフレークを発見。195円なり。面白がって、買ってきた。
これがまた、シンプルなのに、結構ハマる。良い・・・・かも、しんない。
おもちゃ箱
最近、カエルを捕まえる事に熱中している子たちが多いので、虫を捕まえてきて、「カエルさんは、生きた虫しか食べません。」って、みんなを集めて、観察させた。何度もトライしても、なかなかごちそうにありつけない、哀れなカエルを見ていて、彼らは「生きていく、って、けっこう大変な事なんだなぁ。」って、思ってくれたみたい。「ウンコもするけど、食べれば、出す、これ、自然なこと。」ってのも、理解してくれた。次々、何を食べるのか、を、調べてきては、発表してくれるようになった。今まで、彼らが捕まえてきたカエルを、校庭に放すと、文句を言っていたのが、「うん、遊んだから、もう良いよ。」って言ってくれるようになった。
シメシメ、大成功。

トップページへ
眠れないへ
この前、またローソンに行ったら、チョコエッグが姿を消していた。いや、行った店で、たまたま、だったのかもしれないが。実は、あれ、お気に入りだった。簡便なのに、色とかに凝っていて、忙しいけど気休めに、って思ったら、以外と、はまった。チョコも、かなり美味しかった。百円ショップで売っていた、三段だながピッタリで、飾るのに好都合だった。何枚か、カードを集めたら、棚を貰えるらしかったが、それはめんどうで、ついに実現しなかった・・・枚数はあるんだが・・・。さまざまなシリーズが出て、最近では「日本の生き物」だった。でも、「あり地獄」が二体続けて当たった時には、さすがに、げんなりした・・・。あんまり、飾っておきたい、とは思わなかった。飾ってあるけど。そのうち、「アカイエカ」とか出たら、どうしよう、って、ちょこっと本気で悩んだもんね。ごく一部では、ウケるかもしれないけど・・・。

フィギァの世界は、奥が深い。わたしの場合は、小学生時代に、プラモに凝ったのが始まり、なんだけど、その頃の一番のお気に入りは「ゴリラ」だった。赤い大きなタンクが気に入ってた。バイク系は、小物が細かくて、それで、気合いが入った。人体に移行したのは、ずっと後。そっち系から、コスプレ方面に転向したのも、居たりして。わたしは、あんまり思わないけど、好きな人は、真剣に制作してる(洋服とか、小物とか)から、見ていると、以外と楽しそうだなぁ、とは思うよ。男でも、ミシンを器用に使いこなしてる。で、たぶん、なんだけど、好きなキャラに「なりきる」のが、一番、楽しいんだろうな。みんな、今とは違う自分に、なりたいんだよね。変身願望?がんじがらめの社会の片隅から、違う目線で見てみたいんだろうな、見られたいんだろうな。そういうことがお手軽に出来る、一つの方法ではあるよね。大昔から、仮面舞踏会、なんてものも、あったしねぇ。人間、根本的な願望は、たいして進化しない、ってことかな?

また、ミニチュア庭園方面や、ドールハウス方向へ行った連中も居るし、ねぇ。ドールハウスとかは、もう、芸術の域に達している、と思う。飾り物になるし、金を出しても、欲しい、とさえ思う出来栄え。もちろん、売ってなんか、くれないんだけど。作る課程が楽しくて、いつも、眺めるたびに、その時の幸せな気持ちを、その時と同じように噛みしめることが出来るからね。・・・まぁ、夢を持っている人間は、強いよ、やっぱり。
悲しいのは、家族の理解を得られない連中。ゴミ扱い、だもんね。・・・興味のない人間には、ダイヤモンドも、石ころの一種、ってか?(笑い)