栗ご飯
鳥は月を目指す
切れ間なく、働く喜びに満ちて
人力車いかが?
かかしざんす♪
トンボさん

   
コスモス


おまけ1         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
本館トップへ 別館トップへ ハーボットへ サイトマップへ  


        

もたもたしてたら、もう九月です。
朝夕の空気は、もうすっかり秋の顔。
みなさま、お変わりございませんか?

我が地方の言葉に
「流行(はやり)の半纏、着ねの(着ないもの)ァ馬鹿だ。」というものがあります。
「みんなが、良いと認めたものは、一回はふれてみるべし」という意味だとか。
確かに、実際に知りもしないでは批評も納得も出来ますまい。
では、今現在の「流行」って、いったい何でしょう??

個人的に考えるに、密かなマイブームは、・・・・いやいや、違う、違う。
流行、というからには、多数の支持を得ていなければ。
ということで、あたりを見回してみました。

うーん。もしかして「携帯」?いや、流行というよりは「実用」だろうなぁ。
では、手芸?染め物?盆栽?旅行?エステ??ファッション?自然食品??
みんなが、ちょこちょこ「好き」なものはあるけど、そろって誰も彼もっての、何だろう。

うーん、わたし、ほんの少し、世の中の風が当たらない場所に立っているのかも??。

九月が、皆様にとって、ゆとりの月になりますように。
                 
コスモスの一輪ほどの秋の風    美柳


九月はイベントの多い月です。
親王様も誕生なされて、国中が浮き立つのもまた良きかな。
みなさま、楽しくやってらっしゃいますか?

気候が良くなる・・・はずなのに、各地に大雨。
うーん、台風、あまり大きなものは来ないでほしいなー。
雨は必要だ、ってのは理解できるけどさ、何事も過ぎたらいけないでしょ。
台風の大きさを調整できること、やってくれませんか?科学者さんたち。
そういうことに研究費を出してくれる企業、ありませんか?
世界が待っている、と思います、気候の調整。マジです。

四季のはっきりした、日本。
この国の秋は、美しくて切なくて、素晴らしい目の保養が出来る季節。
食べ物も美味しいし、空気は澄んで気持ちよいし、良いことづくめの九月のはず。
あっちでも、こっちでも、お祭りが続くけど、夏祭りよりはしっとりした感じ?
空気中の湿度の関係か?・・・なんてこと言ったら、あたしってば「蛙」みたい??

そうそう、仕事を辞めて、太っちゃいました(´∀`;)
けっこう「動いて」いたんですねー、あたしってば(-_-メ) 
ダイエット。。。は、冬になってから。。。。だな。

九月が、皆様にとって、心地よい月になりますように。(*´∇`*)

                      トンボ来て 拝謁しをり 天満宮    美柳



九月も、はや半ばとなりましたね。
前回にもちょこっとふれたんですが、大型台風が迷惑にも進んできております。
現在は台風13号、沖縄を直撃中とか。
みなさま、ご無事でいらっしゃいますか?(;^_^A

朝夕が、かなり冷え込む、青森です。
朝は霧が出て、気温の急激な変化を目に見せてくれますよ。

日本の、本州の、はじっこから、秋は南に向かって走り出します。
行く道みちで、高い山から駆け下りてきた秋と合流しながら。

山から来るのは、秋だけではありません。
カモシカ、先日国道を突っ走ってました。目撃したけど撮影の間がなかった。
熊も来ます。トウモロコシなど、農作物が美味しいことを知ってしまったとか。
共存するのは、かなり難しそう、つかコワイし(T▽T)
猿は、人間に噛みついたとかで、射殺に決まりましたね、残念なことです。

吉あり凶あり、はいつものこと。
九月が、皆様にとって、心休まる月になりますように。
                       降っても晴れても たったひとつを守り抜く    美柳 





九月も、残り数日。
秋晴れの続く青森から、こんにちは。

ちょこっと、旅に出てみました。
日常から離れて、見知らぬ土地の風を受けるのは不思議な感触。
昔は、連絡船で往来したという、北海道ですが、今は青函トンネルで陸続き。
長い長い国境のトンネルを抜けると、そこは別世界であった。。。というほどの
隔絶感もなく。まぁ、お隣りですから(^▽^;)>゛

函館は、観光客に優しい町でした。
案内板も豊富ですし、どの人々も、見知らぬ人間におらかに接してくださいました。
「知らないで来るのだ」ということに、とても気を配ってくださっている。
観光立県を目指すなら、見習うべきだな、と痛感しました。

「また来たいな。」
そう思わせる町作り。簡単に見えて、かなり難しいと思いますよ。
住人の自己満足で終わらせないあたりが、函館の函館たるところ、でしょう。

もちろん、また行きます。絶対、行くのじゃ。
九月が、皆様にとって、思い出深い月になりますように。

                      知らぬ町も 幼なじみの顔で来る    美柳  





九月が駆け足で行き過ぎ、しっとりと十月。
秋晴れの続く青森から、こんにちは。

こちらは、とんでもなく暑い夏が過ぎて、稲穂が重そうに垂れていますが
全国的な作況指数はやや低めのもようですね。
南国では、大雨に台風被害など、大変な夏だったようでお見舞い申し上げます。

ほとんどの年は、寒い夏で、ヤマセと呼ばれる冷たい夏風が吹く青森地方。
お米の出来高が、冬場の出稼ぎを誘う、貧しい地方です。
今年のように、黄金色の田んぼがどこまでも続くさまを見るのは久しぶりで、
素直に喜べば良さそうなのに、なんとなく「申し訳ない」気持ちが胸をかすめます。
つくづく、貧乏性なんだなー・・・・・ヤレヤレ ┐(´-`)┌

秋晴れの稲田を歩くと、雀の大群が「じゅるるじゅるる」と大合唱しています。
田んぼにこぼれた籾をいただけるので、今年は雀たちにも良い年越しが出来るでしょう。
喜びの歌は、こちらにまで伝わってきます。嬉しいですね。

田んぼに日が落ちるころ、静かに夕方のチャイムが響いてくると
ミレーの「晩鐘」の色を、ふと重ねてしまいたくなります。
十月が、皆様にとって、豊かで心温かい月になりますように。

                      積む束の いつかは尽くる 秋仕舞い    美柳





十月も、三分の一を過ぎてしまいましたね。皆様、楽しく過ごしてらっしゃいますか?
久しぶりの秋晴れの空がまぶしいです。

しばらく離れていた学校に、また顔を出すようになって半月になります。
子どもたちの顔ぶれは替わりましたが、元気で明るいのは変わりなく。
数名の「変わり者」が居る、というのも、これまた似たようなもので。
やたらにおとなしい男の子、元気が有り余っている女の子、おしゃべりさんにスネオくん。
エジソンもかくや、とばかりの「ぼーっとウ」くん(;^_^A
楽しくて、嬉しくて、毎日が気力に充ち満ちているのです。

一度、現場を離れたせいで、見えてきたものもありますし、これを少しまとめて
コンテンツとしてアップできるのでは?と思っております。
今は、校長先生をはじめ、良いスタッフに恵まれて、過ごしております。

子どもの目線になって、見えるモノ、見えないモノ。
おとなたちが、かつて子どもだった、ということを忘れてしまわないように、それから
子どもたちが、より幸せで生き生きとした大人になれるための手助けになれるように
夢も希望も、きちんと形にして感じられる世の中を目指して。

いま、ここを見てくださってらっしゃるあなたにも、幸せがしっかりと掴めますようにと祈りつつ。
十月が、みなさまにとって、真実の希望の月になりますように。

                      飛ぼう、飛ぼう いつかは月に届くまで    美柳




十月も、残り少なになりました。
皆様、お元気ですか、秋を満喫していらっしゃいますか?

いろいろなことが、一どきに押し寄せてきた感じで珍しく多忙です。
更新も滞りがち、気になるものの、仕事から帰ると、あれこれしている間に夜中。
他の方々が、すごく「有能に」見えてしまう、ちょい「お疲れモード」のわたくし。
いや、別にいじけているとか、そういうのでは無いですけど(;´▽`lllA``

季節は、秋から冬に向かっています。この時期には、そうでなくても寒いから気力が衰えがち。
まっ、当たり前、っちゃぁ当たり前の日常を、過ごしているということですかね。

世界情勢も、なんとなく不透明だし、・・・とか言うのは先送りにしましょう。

食欲の秋です。来るべき冬に向けて、体脂肪を厚くしておかないと、北国では保ちません。

そういえば、わたしは「太り隊」隊員、会員番号二番、だったなぁ。
なんてことを、ふっと思い出す。
(家では、鶏ガラ一号」と呼ばれていましたヾ(ーー )オイオイ・・・)

十月が、みなさまにとって、ふくよかな月になりますように。

             栗ご飯、うんまいよーーー(* ̄ー ̄)v