三日月
南総里見八犬伝
はい、ポーズ!
お昼寝中〜♪
ママが大好き♪

   子猫、生まれました、見て〜(^▽^*)
生まれたばかり。


おまけ1         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
本館トップへ 別館トップへ ハーボットへ サイトマップへ  


温かい、というよりは「暑い」数日のあと、台風ですって。
五月は、じつは、けっこう暑い日が多い、青森なのです。
みなさま、お元気ですか?

我が家の仔猫は、ずいぶん成長しましたよ。
足がしっかりしてきて、目が見えるようになったら、やることが増えます。
兄弟同士のじゃれあいは、もちろんなのですが、ともかく「探検」したい。
母猫もお疲れのようで、時々仔猫たちと離れて、昼寝していたりします。
もちろん、仔猫が呼ぶと、すぐ飛んでいきますけど。

シングルベッドをひとつ、仔猫専用に貸してあげました。
ベッドの上は、ちょうど良い広さなので、ふちにケージを回してやって遊び場に。
走って走って、ふちにぶっつかると、そこで一休みして、また走る。
仔猫のパワーは、けっこうあるのです。元気に育っています。
そろそろ、里親探しに入っています。今のところ、皆無ですけど(-_-;)

遊ぶようになると、可愛いしぐさが目立ってきます。
写真を!と思うのですが、一緒に遊んでいたり、自分自身によじ登られたり、で
うまく撮影出来てません。とても残念です。

五月が、皆様にとって、忘れられない月になりますように。


肉球も茶色♪      ミルク大好き♪ くっつくと温かい   手が大きいでしょ?



パソコンが不調になってしまい、調整に少し手間取りました。
その間に、六月に入ってしまって。とほほ、のスタート。
みなさま、梅雨入りされた地方もあるようですけど、お元気ですか?

我が家の仔猫は、すっかり「やんちゃくちゃ」になってます。
母猫は、とんでもない場所にまで、子猫を連れ回しています。
最近は、犬の部屋の入り口で昼寝していることも増えました。
もしかすると、母猫なりに「この子たちを、ここ(猫の部屋)に入れてやって?」
つまり、我が家の子にしてほしい、と訴えているのかも、とさえ思います。

猫の不思議。
母親猫は、飼い主を、選ぶんですよ。
飼って欲しい家の前に、子猫を連れていって、まるで「お願いしている」様子をみせること
本当にあるんです。犬は飼い主次第ってとこ、ありますけど。猫は、違うんですよね。
考えてみると、人間だって、我が子を嫁がせるのに、相手を選ぶでしょ?
生きているもの、子を思う心、ってのは、すべてに通じるもの、あるのかもと思う。

反して、人間様は、最近はどうでしょう。
我が子を殺す、他人様の子供を殺す。
ちっとばっかり、恥ずかしいんではないかいな。万物の霊長、なんてぇ言葉が
確か、どっかに転がっていた、ような・・・気がするんだけんども。勘違いだったか?

六月が、麗しい月になりますように。

                            毛繕いするにもママと一緒




あっという間に、六月もおしまい。いよいよ七月、一年の後半になってしまいましたね。
みなさま、お元気に過ごされてますか?

我が家の仔猫は、まだ一匹も「売れ」ません(T▽T)
母猫は、もう次のヒート(サカリ)が来ています。巣立ちの時、なのでしょう。
最近といえば、子猫が一斉に、廊下に飛び出そうともくろむのです。
あっちを捕まえれば、こっちがするり。いやはや、運動会状態。
健康診断やら、いろんな手続きをしないといけない、のです。
責任はとらないと、ですから。子猫も、絶妙に「なじんで」きています。

猫の不思議。
飼い主の気持ちが、まるで「テレパシー」のように、解ってしまう。
言葉はもちろんのこと、心まで読まれたら、飼い主はうかうかしては居られない。
ひいきしても、すぐばれるし(^▽^;)>゛

あたし、ねぇ。
ポーラとチビとの区別が、つかなくなっているんです(-"-;)
顔も一瞬の恰好の見た目も、実にそっくり。
お尻を見るか、持ち上げてみるか、でしか、判別できません。
チビは、微妙に「すねて」いるようです。

♂のポーラ、重くてがっしりしてる。♀のチビは、見た目より軽い。
どっちも可愛いんだけど、今に、名前を呼んだら走ってくる方で判断しよう、っと。
七月が、皆様にとって朗らかな月になりますように。

                    これは、左が「しっぽ」で、右が「チビ」♪



七月も、下旬となりました。
みなさま、お変わりなくお元気に過ごされておいでと思います。

我が家の仔猫は、すくすくと、すくすくと成長中ですよ。
七匹のうち、六匹が♂でした。紅一点が、例の「チビ」であります。

わが家の子にする、と決定したあたりから、子猫にも母猫にも変化が。
二つの部屋を行き来しては、廊下や階段に逃げまくっていた子猫たち。
聞き分けがよくなったのです。
猫の不思議。
飼い主が、心から願ったことは、聞こうとする。
もちろん、飼い主として、猫たちから認められていたとして、の話ですが。
いいかげんな扱いをしないように、信頼をそこなわないように。
飼い主としては、毎日が「正念場」、まさに一期一会の心意気で。
信用を築くのは、何ヶ月も何年もかかりますが、壊すのは一瞬ですからね。
一度壊れたものを再構築するには、また時間がかかるわけでして。
せっかちなあたしとしては、そんな面倒なことはやりたくないので、
結果として、壊さないよう頑張る方が、ずっと早い、ということなだけです。

ポーラ、チビ、しっぽ。同じシャムの猫が、やっと見分けられるようになりました。
ちびくろとチップは、まだ、たまに間違えます。てへへ。

七月が、皆様にとって飛躍の月になりますように。


あっという間の、八月。
各地で、梅雨明け宣言および「超暑い日々」。
みなさま、お元気にお過ごしでしょうか。

短い夏を惜しむかのように、各地で夏祭りが始まりましたね。
見物客が、夏休みに遊びに来てくれるように、の配慮ですけど、暑い。
元々は、秋の収穫祭だったものまで、夏祭りに変貌しています。
初めから夏祭りだったものに比べて、衣装やなんかが秋っぽい。
暑さの盛りでは、出演する方々も、さぞ「大変」なことでしょう。
バテて倒れたりしないように、気を遣うのも結構な苦労ではないか?と推察。
本当に、ご苦労様です。

参加してしまうと、他の祭まで足を伸ばす気になれません。バテバテ。
見てるだけ、。なら、なんとか回れるかも?>祭のはしご。

八月が、皆様にとって気力に充ち満ちた月になりますように。

                       
            猫を、もう少し可愛く作ってくれたら良かったのにぃ(;^_^A 。


あっという間に、八月も終わろうとしています。
少しずつ、少しずつ秋の気配。
みなさま、お元気で夏を越されたことでしょう。

夏祭りは終わったたけど、本格的な収穫祭=秋祭りのシーズン到来。
お祭り好きには、たまらない季節ですね。
台風も、次第に本格的な来訪シーズンに入りますし、良いことだけを期待して
待つことにするとして、と。

果物の季節、月見の季節、当然お酒も美味しくなるし、肴も増えて、と。
指折り数えるのは、来るべき「満腹」「満足」の予感ばかり。
そこはそれ、なんたって「世の中」ですから、よくないことも、たまには起こるかも
しれませんけど、そんなこと、考えても考えなくても来るのなら、考えずに過ごすのも
処世のひとつか?と。
考え始めたら、「やってらんない」ことも、まー、よくあることだし。

気にしない、気にしない。
生きて一生、笑ってナンボの世の中よ。
八月が、皆様にとって幸せな月になりますように。

              月は西空、地上ではまどろみ 。時は静かに流れていきます。