鍋いかが?
ちゃぽくんです
名久井岳遠景
デザート美味しいよ♪
なかよし白鳥
2005年11月3日奥入瀬


おまけ1         10 11 12 13 14 15 16   
サイト マップへ  おいでませ 別館へ  ハーボットへ  サイト マップへ
  


十一月となりました、今年も残り二ヶ月ですね。
皆様、お風邪など召さずお過ごしですか?

青森では、そろそろ紅葉もおしまい。
これから、雪便りが聞かれる季節に入りますね。

たまたま、テレビから「フーテンの寅」さんの歌が流れています。
妹思いの、優しい寅さんの歌。
演歌は、あまり得意じゃないんですけど、つい聞き入ってしまいました。

♪どぶに落ちても根のあるヤツはやがて蓮の花と咲く
・・・(中略)・・・
目方で男が売れるなら こんな苦労はするまいに するまいに♪

思う心とうらはらに、世間の片隅で懸命に(気ままに?)生きる、寅さん。
あ、こんなお兄ちゃん、欲しいかも(^▽^;)>゛
きっと「ぶつぶつ」文句を言いながら、でも気遣ってしまう。そんなお兄ちゃん。
親戚中に「あまされ」て、でも憎めない、底抜けのお人好しの寅さん。
いま、そういう人間は「生きづらい」世の中なんでしょうねぇ。
でも、人間臭い、そんな男が、最後まで愛されるんでしょうね、映画でも、現実でも。

「男は顔じゃないよ、ここ(胸をこぶしで叩く)だよ、ここ。」
胸を張って、そう言える男、善いですね(*^。^*)

十一月が、皆様にとって 心の温かい月に なりますように。

奥入瀬の流れ




十一月も半ばを過ぎましたね。
15日には、皇室の「さあや」こと清子さまが、都庁の職員の黒田さんとご結婚。
日本全国が、「おめでとう」の声に沸き立っております。
開けて16日の今朝。お父様、お母様でいらっしゃる天皇陛下、皇后様はきっと
いっぱいのお喜びと、ほんの少しのお寂しさでいらっしゃるのでしょうと。
でもでもっ。
大丈夫ですよ、お嫁に行かれても、いつだってお会いできますよ(* ̄∇ ̄*)
「しきたりが」なんて、変えてしまえば良いんです。
わたくしたち国民はね、そういう変化には、反対なんかいたしませんよ。
お幸せに、の心をこめて、いつだって見守っていますとも。

青森では、雪便りが聞かれる季節になりました。
岩手の仲良しから、興奮した電話が来ました。
「あのねっ!!二羽のこうのとりが、悠々と飛んでいくのを見たのっ!
おぉ、それは「吉兆」ではないですかっ!!

お母様のお着物を召された清子さま、しっとりと「ステキ」でしたわよね〜〜(*^。^*)
良いことが、世界中に降り注ぎますように。

十一月が、皆様にとって 心に刻まれた月に なりますように。

       
                                    仲良し白鳥


                           


十一月も下旬となりましたね。
あちこちで、お風邪を召した管理人さんが増えてらっしゃいます。
皆様、早く治ってくださいませね。どうぞ温かくして、休養をとってください。

風邪によく効くのは、大根のおろし汁に蜂蜜を加えたもの。
生姜のおろしたものを加えた料理全般。もちろんお湯に溶かしただけ、でも。
長ネギをぶつ切りにして、焼いたものに甘味噌を塗って召し上がっても。

うがいは、ぬるま湯で、またはお茶ででもよろしいようですよ。
予防のためには、うがい薬を入れるよりも、普通の白湯での方が良いとか。

食事も、大事です。食べに出るとか、買い物に出るとか無理でも、なんとかしないと。
残りご飯にありあわせの野菜を細かく刻んで入れて、即席お粥を作ってみては?
味付けは、薄目の塩味、しめにお醤油をたらす程度に。
あったら、卵を落とせば、栄養バランスも良くなります。

とにもかくにも、寒さに向かう時には、身体が硬くなりがちですから、温めること。
温かい飲み物でも、いいですよ。
いつもは冷蔵庫から出してコップに注ぐ牛乳も、レンジで15秒も温めるだけでも
身体にやさしくなってくれますよ。

十一月が、皆様にとって ほっかほかの月に なりますように。

                                        デザートいかが?♪





十二月となりましたね。
こちら、青森では、連日雪便りが届きます。
暖かい地方の方々には、たぶん「美しい雪景色」も、住む者にとっては「白い悪魔」。
小さなことでは、日々の雪かき作業から、大きなところでは雪崩、通行止め、などなど。
雪かき、といっても、南国で想像するようなものではありません。
スノーダンプという器具を使って、かき集めた雪を、トラックに載せて川や海に捨てるの。
その排雪作業のときに、誤って川に転落とか、海に滑落とか、毎年の新聞記事に。
屋根の雪も、一日にメートル単位で積もるので、日に何度も雪下ろしをしないと、建物が
押しつぶされてしまうのですよ。
日が照ってしまうと、雪は溶け始めて、瞬く間に重い塊になってしまうので、人々は
降りしきる雪の中、汗を流して雪かきします。
降ったばかりの雪は、ふかふかして軽いから、なんとか作業できるのです。

真夜中には、除雪車が走り回ります。
でも、うっかりすると、朝の出勤時、車庫の前に、直径2メートルくらいの塊がっっっ!!
「きゃーーー(T▽T)」と、スーツ姿で、雪の塊を切り崩し、焦ってよけてエンジンをかける、
そんなのも、雪国の「ありがちな」風物詩。
はい、あたしも、何度か、やってます(^▽^;)>゛

でもね。
雪国ならでは、のイベントも、たっくさんありますよ。
人生、楽しまなくっちゃねっ♪♪♪
十二月が、みなさまにとって、美しい月に、なりますように。

                                 雨上がりの山♪




十二月も中旬に入りました。

このページ。ハーボットの「ちゃぽくん」です。
もともと、学校に生徒が拾ってきて、わたしが預かった猫の名前でした。

ちゃぽくんを拾ってきたこどもは、当時、うちのクラスの一年生でした。
なんだか元気が無くて、こ汚い灰色の捨て猫を「自分の猫だ」と言い張ってました。
そのころ、その子の父親が体調不良で、病院に通っていたと聞いていました。
元気を出してほしかった。わたしは、その猫を、子供と一緒に引き受けました。
猫の食費も病院の治療費も、自分のポケットマネーでまかないました。
その子の父親は通院を始めて三ヶ月後、進行の速いガンで、あっけなく亡くなりました。

その後、その子は、真っ黒い絵ばかり描きました。人殺しや首つりなどなど。
目を背けたくなるような絵柄です。ナイフで刺された人間の絵からは、真っ赤な血が出て
奇妙なリアルさでした。巧かったんですが、コメントに困りました。
その子はいつも、薄く笑っていました。その目は、哀しみに充ち満ちていました。
わんわん泣いてくれたら、まだ慰めようもあったのかもしれないのに。
わたしは、その子を含めた他の生徒たちと、懸命に遊びました。
冗談を言い合って、笑いました。話し合いました。一緒に、猫を可愛がりました。
いろんなところに、「自主遠足」しました。たくさんのものを見つけました。

三年の時がたち、その子はクラスを離れましたが、今でも時々顔を出してくれます。
わたしが、冗談めかして抱きしめると、けらけら笑いながらも、嬉しそうです。
去年の夏休みには、クラスの子たちと数人で、散歩がてら、父親のお墓参りもしました。
今のところ、素直に伸びてくれているようです。

クラスを出たその子の猫は、去勢手術を受けさせて、あたしのうちの猫になりました。
とても優しい、おとなの猫です。美しいうす茶色と白色の、ぶち猫さんですよ。
この子は、クラスのみんなに「幸せとは何か」を教えてくれたように思います。

とりとめのない話で、すみません。
十二月が、みなさまにとって、幸せな月に、なりますように。
            最近のちゃぽくん





十二月も残りわずかとなりました。
世間では、クリスマスらしい。みなさま、いかがお過ごしですか?

クリスマスといえば、キリスト教のお祭り。エスさまがお生まれになった日。
「生誕」とはいうものの、実際のキリスト生誕の日とは違うとか。
他教のお祭りに合わせて、ずらしたとの話が聞こえています。
まぁ、よその国のお話ですから、詳しくは解りませんが。

他人様と「ほどほどに仲良く」したかったら、話題に載せてはいけないもの。
政治。宗教。恋愛。
いずれも、個の思想と深く関わっているものだから、だそうですが。
確かに、どれをとっても「アンタ、間違ってる」なんか言われたら・・・なぁ。
マジで反目しあいそうだ。。。。。

思い入れの強いものは、それなりに、めいっぱい悩んでたり考えてたりするもんだから
テキトーに流せないんだろう。
どの出来事をとっても、争いごとに結びついてしまう、のは、一目瞭然。
殺し合いはむろんのこと、戦争にまで発展してしまうのだから、困ったもんだ。
人間誰しも、「譲れない」ものは存在するのだ。
恋人を盗られた、トロイ戦争、宗教で反目しあっているイラン・イラクの戦争。
政治思想が合わない、南北戦争。

そこへいくと、日本人は平和主義。
宗教的にどうのこうの、ではまったく無いけれど、お祭りは好き。
お祭り、というより、もはや「イベント」?

キリスト教のおまつり、クリスマスが過ぎたら、お正月。
これは神道のまつりごとでやります。
でも、ほとんどの方は、亡くなったらお墓に入ります。これは仏教。
だけど、誰もとがめたりしませんし、ヘンだとすら思わない。
だから、宗教で戦争になっちゃう方々の気持ち、きっと解っていないんだろうな。

だってね。日本では大昔から八百万(やおよろず)の神々に守られて暮らしてきたんです。
今更、二人や三体、いや十柱や二十個の宗教でオタついたり、しませんて。
十二月が、みなさまにとって、優しい月に、なりますように。

                                              寒い日には、鍋♪