食用菊
八甲田のもみじ
名前はなあに?
ベニテングダケ
おいしいよっ
蔦の葉
そいやっ!そいやっ!


おまけ1         10 11 12 13 14 15 16   
サイト マップへ  おいでませ 別館へ  ハーボットへ  サイト マップへ
  

  九月になりました。いよいよ、秋ですね。
  皆様、夏ばてせずにお過ごしですか?

 近在の町では、あちこちで秋祭りが始まります。
 九月二日からは五戸祭り、八日から剣吉、九日からは三戸祭り、というぐあい。
 地方の祭りは、それぞれに特徴があって、好きです。

 八百万(やおよろず)の神に、秋の実りを感謝することが祭りの原点とか。
 それぞれ、おおらかで、伸びやかで、明るいものがほとんどです。
 参加する者も、見物する方も、楽しんで過ごす、一年に一度のお祭り。
 天候に恵まれてほしいものです。
 今年の秋も、実り豊かでありますように。

 九月が、皆様にとって 豊かな月に なりますように。


                        ☆☆☆そいやっ!そいやっ!☆☆☆







 九月も中旬とになりました。秋も深まっていきます。
 皆様、お健やかにお過ごしですか?

 空には鰯雲、空気も澄んできて、風はさわやかです。良い季節になりました。
 空の月も、くっきり見えるようになってきました。
 田舎の秋は駆け足で山から下りてきます。
 田圃の稲は、重そうに頭を垂れていますし、果樹も色づき始めました。
 トンボの群れは空を覆いつくさんばかりだし、道を歩いていると、そこここから
 葡萄の甘い匂いが漂ってきます。
 今年は栗も豊作のようで、森の獣たちも少しは健やかに冬支度をできるでしょう。
 ついつい、口笛を吹いてみます。足取りが軽くなりますね。

   九月が、皆様にとって 素晴らしい月に なりますように。


                           --外の水道--











九月下旬に入りましたね。秋たけなわ。
皆様、お元気でお過ごしですか?

お月見、秋祭り、お彼岸、紅葉狩り、キノコ採り。
北国は、今からが最高の季節。ありとあらゆるものが、来るべき厳しい冬へと
準備万端、楽しみながら向かっていくところ、です。
キノコ採りに行くと、道をリスが横切ったり、カモシカと遭遇したり、ウサギに出会ったり。
先日は、丸々した狸さんが、車を見送ってくれました。けっこう「人慣れ」してます。

夜道で遭遇したとき。
ライトに照らされた目が、青く光ったらたぬき、赤く光れば狐なんですよ(⌒^⌒)bうふっ
間違えても「確かめよう」と追いかける、なんてこと、なさらないで。
人間が恐ろしいなんて、思わせないでくださいね。
それと、カモシカが可愛いから、と、うかつに近づかないでね。
いきなりツノで突かれて大けがしたなんてこと、よく聞きますよ。あぶない、あぶない。
同じ星の住民なんですもの。仲良くしたいものですね。

九月が、皆様にとって 満ち足りた月に なりますように。

                         秋の実り、たわわな梨の甘い香り






九月も、残り数日。
皆様、どのようにお過ごしですか?

医療の現場に、「笑い」を取り込もう、という取り組みが始まっています。
血糖値が下がったり、ボケ症状が改善されたり、と、良い結果が出ているそうです。
介護士が落語や漫談の本格的な修練をし始めている・らしい。

笑いの質は、「根暗系」よりは「馬鹿笑い」系が、体質改善には向くらしい。
ただし、明るい笑いは、最近減っている?かも。

そうは言っても、なぁ。
一般人民の皆様が、ほとんど高学歴、ニュースにも聡いし、世の中に詳しい方々ばかり。
昔のように、文字を読めない、とか、意味が解らない、なんて皆無でしょう。
インテリ系の複雑な笑いを忘れて、腹を抱えて大笑いする、必要性に迫られている現代。
「箸が転げても可笑しい」世代には、もう戻りづらいのか?

あたしゃぁ、箸が立っても笑いますけどなぁ(おいコラ〜)。
泣いて暮らしても一生、笑って過ごしても一生。 毎日笑って過ごしたいものですね。

九月が、皆様にとって 笑い声に満ちた月に なりますように。



                      笑わないなら食わせるぞ(ウソ)





いよいよ十月になりましたね。
皆様、いかがお過ごしですか?

テレビでは、各局こぞって新番組が始まりました。
最初の「つかみ」に、力を入れてるのは、見れば解ります。
良い番組を作って、視聴者に見てもらいたい、見続けてもらいたい。
意気込みが伝わるのは、心地よいものです。

今までに、名作といわれる番組が、数多くありました。
でも、二ヶ月もすると、もう話題には上らなくなるものもまた、多かった。
もったいないなぁ。

演じる人間を意識するあまり、筋立てに無理のあるものは、人気が薄い。
忘れられるのも、早いようです。
根強いファン、だけでは、発展性はない。どうしたら良いのか、に
制作者の方々は頭を悩ませているのでしょう。

あたしは、楽しく見られたら、それでいいです。楽しい、が問題かもしれないが。
楽しみにしてるのが、数本。わくわく。

十月が、皆様にとって すてきな月に なりますように。


                       ちいさな花




十月も後半ですね。
皆様、お元気に過ごしですか?

北国では、あちらでも、こちらでも紅葉の便りが。
天気と、休日とに合わせてくれたら、もっと嬉しいんですけど、なかなか。
それでも、登山好きには、たまらない季節です。

今年はお米が豊作とか。
山の栗やなんかは、不作のようです。クマが里山に下りてくるでしょう。
去年のように、台風被害とかは無いでほしいです。
それでも。
全国の、ものすごくたくさんの方々が、野生動物のためにドングリを寄付なさった、と
聞き及んでおります。
人間の持つ温かさ、きっと、山の獣たちにも届いてくれますように。

一方では、餌付けによる猿の被害も、聞かれます。
安直な餌付けの継続は、個体の増えすぎと田畑への害にもつながります。
きちんと状況を見極める。・・・そこが、なんとも難しいのですけど(-"-;)

まぁ、とりあえずは、目に見える紅葉を、楽しみましょう。
森林浴が鬱病に効くという話題もありましたね。
もしかしたら、いつもパソコンの前にいらっしゃる方々も、手足を伸ばして
背筋を伸ばして、自分の足の裏がどこに当たっているのか、を確かめるかも。
どこかで、すれ違っているかも、ですね〜^m^v )

十月が、皆様にとって カッコイイ月に なりますように。

             
                                -青空-




十月も、もう数日となりましたですね。
皆様、お元気に過ごしですか?

北国では、そろそろ「収穫の秋」真っ盛り。
青森県の名産といえば、りんご、菊の花、長いも、ニンニク、などなど。
一斉に収穫期を迎えるもの、りんごのように、種類によって何ヶ月も違うもの。

林檎農家は、今、大忙し。
早いもの(早生種)は八月から収穫、一番遅い「フジ」は、この時期には、まだ
「葉摘み」(果実に太陽光を当てるため、枝に茂った葉っぱをはぎ取る作業)しています。
収穫は、十一月になってから、になります。
子供の頃、手伝いはいつも雪の中で、少しむせつつ、林檎箱に籾殻を詰めながら、
一個ずつ丁寧に果実を詰めていったこと、思い出します。
木箱を、運搬しやすいように、たすきがけに荒縄で縛るのは、大人の男たちの仕事でした。

林檎は、何回も手がかかります。
美味しいから、鳥たちもねらいます。虫たちも、待っています。
それを守りながら、袋をかけ、一粒ずつ、大切にたいせつに育てます。
最近では、文字を貼り付けるのも流行っています。
初孫の名前などを貼り付け、太陽に当たらない文字の部分が白く残ってるのを
親戚に配ったり、しているようですよ。
「寿」と書いて、結婚式に引き物として付けるのも、流行です。
一年がかりになりますから、お祝いの気持ちも、たっぷりこもっています。

赤くなぁれ、美味しくなあれ。呪文は、山々にこだましています。^m^v )

十月が、皆様にとって 美味しい月に なりますように。

                            --食用菊--