おまけトーク
アイコン
いやぁ、必ず居るんだよね、「18禁」って書くと、面白がって覗くお子さまが。
んで、どうしても、書きたいことに手加減を加えなきゃならなくなる。それなら、
18歳以下なら、すらっとは読めないようにすれば良いんだよね。・・・って、さ。
それで、「古文調」なわけ。ま、英語かドイツ語でも良かったんだけど、今度は
読んで欲しい人が、読めなくなったら、意味無いし、ね(苦笑)。いや、ごめん。
学生時代、変態仮名をまともに勉強したのが、こんな時役立つなんて、考えて
なかったけどね。変態仮名、って、説明無しで解るよね?解る人にしか、読め
ないページ、って事だから、あえて説明はしないよ。

「ゆで蛙」ってのは、部下の男の子から聞いた話を元にした。そういう料理は、
実際にあるらしいよ。「花の宿」は、雨月を下敷きにしてある。説明無しでも、
解ると思うけどさ。心情的に、好きなわけ。そういうの。いわゆる、「コワイ話系」。
実際には、かなり「恐がり」なんだけど、コワイもの見たさ、だよね。後は、文体に
試しに、言葉と音との関連性を強調した部分がある。リズム重視、ってわけ。
多少、言葉そのものを、新語、っていうか、造語みたいにした部分もあるよ。
性格がおっちょこちょいの上に、ユルイところもあるんで、もしかして、言い回し
とか変換を間違えてるかもしれないけど、そこは、ご愛敬、ってことで、勘弁してね。
普段使っている「現代語」だって、いささかアヤシイ時もある、っていうのに、今更
古代の言葉をどう使ったから、って、目くじらたてるほどのことも無い、っしょよね。
別に、出版しようとかいうわけでも無いんだから、楽しめたら、結果オーライ、って
ことで。ま、そゆ事だっけ(だから)、ねぇ?(語尾を上げること。)←何故かいきなり、
北海道弁になるOTIKOMIであった。チャンチャン、っと。

最近、面白がって、「フリーメール」なるモノを取得した。あれ、って、戸籍調べ?
みたいな感じを持った。警察や法務局が、個人のプライバシーをうんぬん、って
話題に事欠かない昨今だけど、少なくとも、ネットみたいに、ある意味、現実社
会よりもずっとプライバシーのない世界でなら、(IPアドレスとかで、個人は特定
されてしまうからネ)目を光らせるには絶好の場所だから、変なこと書いたら、
チェックされているのかも、ね。いひゃひゃははは。(笑い方、笹の葉さんのマネ)
笹の葉さん、見てるよね?見てなかったら、意味無いジョークで、悲し・・・。

法務局には、東京にいた頃、毎日行った。仕事で、だけど。警察にも、よく行った。
そっちも、仕事で、だから、呼ばれて行ったの?なんて、恐ろしい想像は止めてくれ。
最近は、どっちも「ご無沙汰」だから、どうも敷居が高くなった気がする。習慣、って、
怖いなぁ、って思ってる。なんか、遠くなっちゃって。

作品の話に戻るよ。そのうちに、SF絡みのも、作りたい。古代のSF。
文体は、気に入ってくれた?読みづらい、って思った?感想を聞きたいな。
わたしは、古文調で書くことに、何の抵抗も無いし、普通に使い回せるから、
今のところは、代える気は無い。でも、もし、読みにくいな、って思ったら、すぐ
メール、くれなまし。現代文に翻訳したものを、即刻送信いたします。はい。
・・・例「さ庭」=狭い庭のこと。とか、ね。
・・・辞書を持っていたら、自分で引くのが、いっちゃん速いよなぁ。(ボヤキ?)

Hちゃんに、教えようかどうしようか、まだ迷ってる。身内のページ、見たいだろうか?
Sくんも、教えてくれないんだよ、自分のHPアド。やっぱり、身内に見せるのは、
いささか制限されてしまう(内容を)気が、しているんだろうなぁ。違う?
個人は、ある日、厳然と「個人」になる。そこには、血縁を排他する、独立の孤独
を立証する「何ものか」が、きっと生まれてしまったのだろう。
人が、人として、本来持っている、「ナマ」な部分。いわば、リンゴを食べてしまった、
楽園のアダムとイヴの、その後の心理、みたいな感じ?馴れ合いでは済まされな
い、「ナニものか」を、誰もが抱えて生きていくのだよね。近いからこそ知られたく
ない事。
あ、ページオーバーだ。では、このへんで。ばいちゃ。(と、逃げる。笑い)。
もどる

おいでませへ